Home

岡山科学技術専門学校 学科ブログ

高梁市立宇治高等学校 学校見学会

  • 2024-05-24 (金)
  • 広報
  • 作成者:広報

こんにちは、広報企画課です😀♪

5月17日(金)に高梁市立宇治高等学校の1・2年生の皆さまが学校見学に来られました🚌

 

まず最初に本校の特徴や学べる学科についての説明をさせていただき、
その後2グループに分かれて体験授業を受けていただきました♡

今回体験いただいたのは、食品生命科学科とICTライセンス学科です!

 

食品生命科学科では、甲殻類のアレルギー検査に挑戦してもらいました🦐🦀

本校の1年生にもお手伝いに入ってもらい、検査キットを使って初めての実験にワクワク♪
結果は少し時間を置いてからということで、参加してくれた生徒さんの結果はどうなったでしょうか😊?

また、オープンキャンパスに来て結果を教えてくださいね♡

 

ICTライセンス学科では、Pythonプログラムで図形描写に挑戦いただきました💻

「タイピングは苦手です😂」という生徒さんもいましたが、みんな真剣に入力入力!
いざ実行👆としてみたものの動かなかったり、、、
エラー確認をしながらみなさん集中して取り組んでいました♪

基礎編、応用編とチャレンジいただきましたが、みなさんプログラミングの面白さを実感いただけたようで、教職員も嬉しい限り👏✨

 

今回ご参加いただいた生徒の皆様には、これを機に工業技術に興味を持っていただき、未来を支える技術者が増えると嬉しいです✨

高梁市立宇治高等学校の皆さま、ありがとうございました♡

 

カギセンでは個別の学校見学のご相談も承っております。
お気軽にご相談くださいね♪

カギセン主催のコンペ開催!

こんにちは。建築工学科の秋山です。

今回は、本校が主催するコンペについて紹介します。

このコンペは、本校、岡山工業高校と奉還町商店街が連携して行う「まちづくり」のデザインコンペです。この機会を通じて学生たちと町の人が関わる場の創出や身近な町への関心が芽生えることを目指して計画しました。さらに、この取り組みから商店街の盛り上がりに通じることも願っております。

コンペの題材は、現在奉還町商店街に設置してあるオレンジベンチから着想を得て、ストリートファニチャー(ベンチ)としました。提案されるベンチには、この町だからこそ考えられたデザイン、やすらぐ場を創り出し多くの方に愛されるものを期待しています。

コンペの一環として、5/10(金)に奉還町商店街のリブラで、参加する学生達が集まり、コンペの趣旨説明を聞きました。その後、両校混合のグループに分かれ、商店街の人と一緒に商店街を散策しました。学生達は、散策中、商店街の方からお店のことや町の移り変わりなどを教えてもらいました。また、学生達は、この町を知ろうという意識を持って商店街を歩くことで、新しい気づきがあったと思います。

散策後、再びリブラへ集まり、学生たちは町歩きして気付いたことや気になったこと、新しい発見などを各グループごとに話し合い、壁面に張った大きな地図へプロットしていきました。その後各グループごとに発表しました。

今後、各学校で作品を制作し、8/18(日)に岡山国際交流センターにて最終プレゼンテーションを開催します。

U-22プログラミングコンテスト

こんにちは、ICTライセンス学科の法華です。
U-22プログラミングコンテストの応募が始まっております。
様々な学生が自分の作品を応募し、アイデアを競っています。
残念ながら、昨年はICTライセンス学科の学生からは応募がありませんでした。
今年こそはと期待をしております。
企業から開発支援ツールを無償で提供してくれておりますので、作品をつくりやすくなっています。
自分のアイデアをかたちにするチャンスですので、興味のある学生はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

水槽の掃除

こんにちは。食品生命科学科の大熊です。新緑がまぶしく過ごしやすい季節ですね。

学校の南側を流れる能登川用水ではまだフナなどの魚は見られません。

今回は、昭和町校舎1号館2階玄関にあります水槽の掃除の紹介です。

この水槽では、今はタナゴ、タニシ等を飼っており、タナゴは能登川用水で4年前の夏にとってきた個体です。

藻で大分汚れてきたので、食品生命科学科で掃除をすることにしました。

掃除前の水槽です。緑色の藻がたくさんいますね。

水を減らして、タナゴを捕まえています。

この後、水槽の内側、ポンプ、底の敷石をきれいにしました。

敷石の隙間には、餌の残りや排せつ物などの汚れがあり、生物が生きている場所であることを実感します。

水槽を元通りにして完成です。きれいになりました✨

食品生命科学科では、魚以外にもプランターで育てた植物、イチゴやパンジーなどの世話も時々しています。

オープンキャンパスでは、食品に関する体験実習、環境に関する体験実習のメニューを多数準備しています。

少しでも興味があれば、ぜひご参加ください。次回は5/25(土)です。

オープンキャンパス 2024

百聞は一見に如かず・・・ってコト!?

測量環境工学科の茗荷です。

先日、授業で学校付近の公園やマンションの庭園を見学しました。
本学科では造園に関する授業もあり、座学で基礎を勉強し、3回の見学を通して植物の変化の様子などを学びます。


学生は「実際に見ることでより理解できました」「実習以外の授業で外に出て学べて楽しかったです」などと話していました。
これからも『聞く』だけではなく、しっかりと『見て、触れて』知識や技術が身に付くよう頑張ってください!

屋台で人気☆フルーツ飴作り♪

こんにちは☆

食品生命科学科の青木です。

5/16(木)に、1年生の実習で屋台で人気のある「フルーツ飴作り」に挑戦しました!

今回のポイントは、砂糖の温度管理!

さらにはフルーツの水分をしっかりふき取る必要があります。

どんなフルーツが飴に適しているか?といった点も検証するため、今回用意したフルーツは

冷凍フルーツ(いちご、ぶどう)、生鮮フルーツ(りんご、キウイフルーツ)、缶詰フルーツ(みかん、パイナップル)☆

覚悟はしていましたが、冷凍フルーツと缶詰フルーツは水分をふき取る作業がとても大変でした(><)

しっかり水分をふき取った後は串に刺して、いざ飴作り!

どこのサイトを調べても載っていることですが、加熱を開始したら、かき混ぜず、じっと我慢!

これをしっかり守ったのですが・・・

適温になり、飴を絡めていく段階で時間の経過とともにどんどんと飴の砂糖の結晶化が始まり、、大失敗。。(涙…)

鍋の温度の伝わり方に違いが…?

と思い、再度挑戦。

飴を絡める作業は時間との勝負なので写真を撮り損ねてしまいましたが、

またもやどんどんと結晶化してしまい、鍋やお玉に砂糖の結晶がこびりつき、、

しっかり飴を絡めることができたのは、ほんの数本で終わってしまいました。。(涙)

写真のように綺麗にフルーツ飴にできたのは数本。。

手前のりんごや左端のキウイフルーツのように砂糖の結晶がついてしまったものもあります。。

砂糖と温度の関係、実に奥が深いのです!!

そして、この結晶化を防ぐ手段として“水あめ”を混ぜるという方法があります。

次回は、水あめを入れて再度挑戦してみます!(水あめの分量も検討します!)

 

※食品生命科学科では

サスティナブルな社会を実現するため、食品・環境・健康をテーマに幅広く学修します☆

多種多様な実習に取り組み、食品微生物の品質管理や環境分析などの技術も身に付きます!

少しでも興味のある方は、オープンキャンパスへぜひ足を運んでください♪

 

*オープンキャンパス日程(近日のもの) …5/25(土)、6/8(土)、6/15(土)、6/22(土)、7/6(土)、7/13(土)、7/20(土)、7/27(土)

 

*オープンキャンパスメニュー例(過去に実施したもの)

・チーズ作り  ・ハーブろうそく作り   ・ハーブ石鹸作り

・桜染め    ・汚泥から電池作り    ・下水の浄化実験

・抗菌作用を調べよう           ・ハト麦化粧水作り

・豆腐作り   ・でんぷんの糊化を見よう ・身近な細菌を見てみよう

etc….

 

 

その他、多種多様なメニューを用意しています。

もちろん、「こんなことやってみたい!」も受け付けますので遠慮なく教えてください☆

一緒に色んなことにチャレンジしましょう♪

 

奉還町リサーチの第三弾

こんにちは。建築工学科の秋山です。

今回の投稿は、2年生が設計課題の一環として奉還町商店街で行った現地リサーチ関連の第三弾となります。

前回は、実際に町に出て調べた結果をアウトプットした様子を紹介しました。

今回は、現地調査した結果をチームごとに発表してもらった時の様子をお伝えします。

1チーム15分で、クラスメイトや一年生の前でプレゼンしました。各チーム、感じた雰囲気や様子をそれぞれの観点で表現していました。

例えば、「お年寄りと学生が多かった」「アーケードは、思ったより明るい」など、インターネットで調べるだけでは得られない発見や気づきがあったと思います。

初めての発表ということもあり、まだまだ粗削りだったり、発表することに戸惑っていたりする学生もたくさんいましたが、内容的には良いところに目をつけていると感じました。一年生からも質問をもらいました。全体的には少し緊張感はありつつも和やかな雰囲気だったと思います。

今後も学生の頑張っている様子を紹介していきますので、また読んでもらえると幸せです。

岡山高等学院 学校見学会

  • 2024-05-17 (金)
  • 広報
  • 作成者:広報

こんにちは、広報企画課です😊🌹

5月13日(月)に岡山高等学院の2~3年生と先生方が学校見学に来られました🚌

カギセンの特徴やたくさんある学科のご紹介をした後は、授業の見学に♫
映像音響学科のケーブル巻きの練習や、二級自動車工学科の実習車を使った整備実習の様子など、実際の授業の様子を見ていただきました👀✨

実習機材や専門的な内容の授業に、高校生の皆さんは目を輝かせながら見入っていた姿が印象的でした😉
今回の見学会が皆さんの進路選択の一助となれば幸いです✨

岡山高等学院の皆さま、ありがとうございました!
次はぜひ体験授業でお会いできることを楽しみにしています🌼

令和6年度 二級自動車工学科

皆さんこんにちは!
二級自動車工学科の広瀬です。

、、、お久しぶりです😂
ずっとバタバタでした💦
私自身、特に変わったことはありませんが、
前から気になっていた観葉植物の栽培をはじめました!(^^)!

ここからは学科の話になります!
3月には卒業生の国家試験があり全員合格しました👏
4月には新入生45名が入学し、勉強に励んでいます!
現在の2年生も『一級自動車工学研究科』への進学や、
『就職』に向け気持ちを新たに頑張ってもらいたいと思います!!

これからの予定としまして
・5/25 オープンキャンパス
・6/8  オープンキャンパス
・6/15 オープンキャンパス
・6/22 オープンキャンパス
・6/29 AO面談

6/29からはAO面談がスタートします!
まずは、自動車の事を知ってほしいと思うのでオープンキャンパスにご参加ください!!!

では👋

オープンキャンパス 2024

サツマイモの効能

こんにちは、食品生命科学科の金子です。

暑い日があったり、寒い日もあり、体調を崩している方も多いのではないでしょうか?機能性食品学の授業では、健康的に過ごすため健康的機能を有する食材を如何に美味しく加工できるか、との課題に取り組み実習も合わせて勉強しています。            

今回は「抗酸化機能」を有する食材を含む「サツマイモ」に注目し、誰しもが好きな大学芋を簡単に作る実習をしました。 
                        
サツマイモには3つの特質すべき効能があります。                 
➀ヤラピン:保存すると中から液体が出ているサツマイモを見たことがありませんか?胃の粘膜の保護に役立ちます。
➁クロロゲン酸:コーヒーで良く知られたポリフェノールです。
➂サツマイモの皮の成分アントシアニン:肝機能の改善や、メタボ予防にもなります。いづれも抗酸化能を有し、健康的な芋と呼べるでしょう。

さてそんな大学芋の簡単な作り方ですが、フライパンで作る、または電子レンジで作る方法があり、ご存じの方もいらっしゃると思います。

まず、皮に含まれるアントシアニンを失わないように皮ごとカットし、酵素で色が悪くなるのを防いだり、あくを除くため水に漬けます。

その後、電子レンジまたはフライパンで柔らかくなるまで加熱します。

お好みの調味料を絡ませお召し上がりください。

 

*電子レンジ調理品

*フライパン調理品

簡単ですよね。いずれにしても、食べすぎには注意しましょう。

食品生命科学科は健康を軸に食品や環境を勉強しています。オープンキャンパスでは、食品の製造やアレルギー、食中毒関係、川の環境測定検査など多くのメニューを取り揃えていますので、ぜひお来し下さい。

オープンキャンパス 2024

Home

検索
Feeds

Return to page top