Home > アーカイブ > 2016-09

2016-09

「第2種電気工事士」結果_電気工学科

電気工学科の三井です。

本学科は第2種電気工事士養成施設で、卒業時に無試験で免許を取得することができます。しかし、さらに上位の資格試験合格に弾みをつけるために、国家試験を受け実力で取得しています。

1年生は6月初旬に第2種電気工事士「筆記試験」を受験して、全員が合格しました。続いて7月下旬に「技能試験」を受験しました。結果は、次表のように1名が不合格でした。
8割の学生は、本学科で初めて電気を学び始めますが、短期間で電気技術者として成長しています。

第2種電気工事士結果
学年 学生数 受験数 合格数 合格率(%)
2年 15 13 12 92.3
1年 14 12 11 91.7

*入学前に免許を取得している学生がいますので、学生数と受験数は一致しません。

電気工事実習風景
IMG_1

IMG_2

技能試験で不合格となった場合、翌年の筆記試験は免除となり技能試験のみの受験です。
今回不合格となった学生は実力は十分にありましたが、勘違いにより不合格となりました。そのため、「1年生のうちに第1種電気工事士を取得して就職戦線を有利に戦い、来年は第2種電気工事士も取得する」と公言してクラスの雰囲気を盛り上げています。

現在、学生たちは10月2日(日)実施の「第1種電気工事士」筆記試験を目指して勉強に励んでいます。

バイオサイエンス学科・前期末の風景

こんにちは。バイオサイエンス学科の池田です。
10月だというのに、蒸し暑い日が続いています。
さて、学生たちは現在、前期末試験で奮闘中ですが、それに先立ち1,2年生ともに校外研修に行きましたので紹介します。

まずは2年生から。2年生では毎年、玉野市にある児島湖流域下水道浄化センターで施設見学をおこなっています。
Marge01
下水道とバイオと何の関係があるのか? それは下水は微生物の力によってきれいにされるからなのです。
バイオサイエンス学科の就職先として水質分析のような環境関連の仕事があります。環境の実際の現場を見てもらうための研修です。

次に、同じく2年生のドイツの森でのソーセージ作りとパン作り体験。こちらも毎年この時期におこなっていますが、半分、遠足のような校外研修です。
Marge03
ソーセージは羊の腸に肉を詰めるところから、パンは成型から体験することができます。できたものは持って帰っていただきます。昼はレストランでバイキング! 体験終了後は1時間の自由時間を取り、園内でアーチェリーなどをして楽しみました。楽しい秋の日の1日でした。

最後に1年生の海浜生物採集です。こちらも年に1回、玉野市の渋川海岸でおこなっています。海水浴場として有名なところですが、砂浜の奥に岩場があり、そこで海の生物を採集します。
Marge02
実際の生き物に触れる「フィールド実習」の一環ですが、当日は時々雨のあいにくの天気。沖では県内の小学生が「海の学習」のカッター漕ぎをする元気な声が。小1時間がんばって、わずかな収穫。「バカ野郎!」と海に向かって石を投げる学生も?

バイオサイエンス学科では校外研修を通じて、目で見て学び、体で体験することを大切にしています。

1年生授業風景

こんにちは! 自動車カスタマイズ学科の永岡です。

きょうは、先日お邪魔した1年生の板金作業の期末試験の様子を紹介します。

DSCN0679
DSCN0684 DSCN0681
厚さ0.8mmの鉄板を指定の角度に曲げるため、バイスの角を使ってひずみを極力少なく叩いてます。

DSCN0685
DSCN0680
先生の監督のもとで、MIG溶接でプラグ溶接を行っています。

果たして試験結果は・・・・・?
期末試験は前期での評価がつくので真剣そのものですね。まだ、まだ続く期末試験。頑張れ!!1年生たち!!

本日はここまで・・・。

BURNOUT MAGAZINE

こんにちは! 自動車カスタマイズ学科の永岡です。

先日、特別授業にお越しいただいたTHE NASHさんが編集発行人を務める冊子「BURNOUT MAGAZINE」に、本校での特別授業の様子を写した写真を掲載していただきました。
THE NASHさん、ありがとうございます。

DSCN0665[1]
DSCN0663

同誌に掲載されているTHE NASHさん、JET WRENCHさんと共にグローバルに活躍されているピンストライパーのMAKOTOさんとMr.Gさんが、今月発売の「カスタムCAR」に掲載されていました。

http://geibunsha.co.jp/car/custom-car/16818.htmlDSCN0686

上の写真の右下隅のカメラストラップはご愛嬌です。(笑)

皆さんの活躍を祈念しております。

スターリングエンジンの製作が本格化

ものづくり工学科・小林です。

 2年生の進路はここにきて半数以上決まってきました。そして、授業も前期が終わろうとしています。そのような中、卒業研究ではスターリングエンジンの製作が始まりました。
 これまではマシニングセンタによる加工のためのプログラムにかなりの時間をかけてきました。今後は、汎用旋盤やフライス盤を使って部品製作をすることになります。技能検定の旋盤作業やフライス盤作業に合格した学生は自分から進んで加工することができるようになっています。
 部品製作の様子を紹介します。

s3
フライホイールの加工をしています。

s2

スペーサの加工をしています。

s1

フライス盤を使ってフレームを加工しています。

自動車部ジョイントイベント「K-UP MEET」

自動車カスタマイズ学科の永岡です。

これもかなり前の話で恐縮です。毎年、自動車部が参戦している軽四90分ロングラン耐久レースを含むさまざまな催し物が行われる、中山サーキットでの「K-UP MEET」にブース出展しました。学校・学科の広報活動も兼ねてのブース出展でした。
次回は10/23(日)に旧車軽四360レースとの同時開催で行われる予定です。
自動車カスタマイズ学科は次回もブース出展予定ですので、是非足を運んでください。

DSC_0231 DSC_0232 DSC_0233
レース結果はなんとクラス優勝!表彰台の自動車部員はとっても輝いて見えました。

DSC_0235 DSC_0240
DSC_0241 DSC_0245
DSC_0242 DSC_0252

カスタムカルチャースクール

自動車カスタマイズ学科の永岡です。

記事「ピンストライピング」で触れたとおり、6月に特別講座「KUSTOM KLUTUER SKHOOOOL」を開きました。
この講座は、カスタムカルチャーの歴史と、ピンストライプ、レタリング、ゴールドリーフなどのカスタムペイントの基礎(1年生)と応用(2年生)を、プロのカスタムビルダーを招いて教えていただく特別授業です。

DSCN0256  DSCN0255
「ピンストライプ」を調べていただきましたでしょうか。専用筆にペンキをつけてフリーハンドで線を引く作業です。真っ直ぐに線を引くのは至難の業です。力加減で太くなったり細くなったりします。カーブやS字はもっと大変で筆の向きを手首でコントロールしながら書いていきます。2年生は2回目だったので少しレベルUPした内容で頑張っていました。

DSCN0285  DSCN0275 DSCN0322
「レタリング」とは筆を使った文字入れ技術です。フリーハンドはピンストライプと変わりませんが、文字を書くため筆は絵具筆と似た”平べったい”ものを整えて使います。文字の種類も豊富にありますし、書き方も様々で奥が深い技術といえます。

DSCN0410
2年生はフロントフェンダーにイニシャルとピンストを入れて完成です。

DSCN0266  DSCN0267
THE NASHさんが愛車のプッシーワゴンを展示してくれました。アメ車(米国車)の壊れるイメージを払拭するためにTHE NASHさんはこの車で全国どこにでも行くそうです。快適に走行できてるとのこと。

DSCN0335 7DSCN0343 DSCN0362
1年生は初めての体験でしたが、各技術の基礎、カスタムカルチャーの歴史を学びました。

2
上の写真は1年生が頑張った「ゴールドリーフ」という技術です。これは「レタリング」の応用で、ワニスをレタリング用の筆でレタリングして上から金箔(ゴールドリーフ)を貼り付ける文字入れやライン入れです。

DSCN0411 DSCN0415

DSCN0417
THE NASHさんのカスタムカルチャーは、歴史やカスタムの種類や意味を勉強することができる講座です。いつもの授業より学生の目が輝いているように感じたのは私だけでしょうか?

THE NASHさん、JET WRENCHさん、ありがとうございました。

”朝練“特訓で建築士に。自分を信じて!

本倉です。

建築工学研究科では、熱血コーチの堂本学科長を中心にして、資格取得の猛特訓を行っています。

二級建築士試験合格を目指して、朝、通常より早く登校して1時間目の授業が始まる前に、問題演習に取り組んでいます。時間は毎回30分程ですが「ウォーミングアップ問題演習」と称して、入学した4月からほとんど毎日続けています。

学生は、「毎朝、早く起きるのはしんどいけど、授業の前に気持ちが引き締まっていい」、「入学する前は夜型だったけど、慣れると、朝ちょっと得した気分!」と感想を述べています。学科では、生活習慣をかえることで、目的意識を高め自分自身を磨き、“建築のプロ”になることを目指しています。

二級建築士とは、住宅を中心にした設計業務を行うための国家資格です。昨年の全国の合格率は21.5%、合格平均年齢は28.7才でした。
本校は、国(国土交通大臣)の認定を受けており、大学卒業より2年早く満20歳で建築士になることができます。

研究科の学生はみんな二級建築士試験合格を目指しています。7月の1次(学科)試験に全員合格しました。実は、日曜日、11日が2次(製図)試験です。8月に受けた全国模擬試験では全員が合格ラインをクリアしています。本試験でも全員が合格することを期待しています。
自分の力を信じて頑張れ!

2年生塗装実習

こんにちは! 自動車カスタマイズ学科の永岡です。

今日は2年生の実習授業の様子をリポートします。

DSCN0616 DSCN0620 DSCN0624 DSCN0629 DSCN0633 DSCN0637 DSCN0640
2年生は実車を使用して塗装の下地処理をしていました。前回の授業で行っていたサーフェサという下地塗装(下塗り)を平滑に整える水研ぎという作業をやっています。真剣そのものです。カメラを構えるこちらが緊張してしまいます。

DSCN0642 DSCN0649 DSCN0648 DSCN0644 DSCN0646
次の工程では、塗装が他のところに散らないように新聞紙でマスキングしていきます。

DSCN0650 DSCN0652 DSCN0653
しばらくたって行ってみると、なんとほぼ塗装が終わってしまって片付けが始まってました。かろうじて写真が撮れました。

各自のスプレーガンを使った慎重な作業の結果です。塗装たれが起きていないかな・・。(笑)

本日はここまで・・・。

 

ピンストライピング

自動車カスタマイズ学科の永岡です。

みなさん、ピンストライプってご存知? 説明するより見ていただきましょう。
キャップをかぶっていらしゃるのは、ピンストライパーの「JET WRENCH」さん。オープンキャンパスでピンストライピングをされている様子です。
説明が欲しい方は「ピンストライプ」でググってみてください。

DSCN0181 DSCN0173 DSCN0189 DSCN0195 DSCN0197 DSCN0198

このときのオープンキャンパス参加のみなさんにはエアブラシを楽しんでいただきました。
DSCN0152 DSCN0153
DSCN0150

「JET WRENCH」さんは昨年度に引き続き今年度も6月に、特別講座「カスタムカルチャースクール」で来てくださっています。

詳細はのちほどお知らせします・・・・

1 / 212

Home > アーカイブ > 2016-09

検索
Feeds

Return to page top