ホーム > 電気通信工学科

電気通信工学科 Archive

「第2種電気工事士」筆記試験95%合格ー電気工学科1年生

電気工学科の三井です。
本学科は「第2種電気工事士」養成施設ですので、卒業時に無試験で免許が与えられます。しかし、就職活動を
有利に進めるとともに、勉強の基礎を固めて上位資格を取得するために、「第2種電気工事士」は試験で取得して
います。

今年度の電気工学科1年生は22名。高校で免許を取得済みの2名を除く20名が、6月1日(日)実施の「第2種電気
工事士」筆記試験を受験しました。そして、30日に合格発表があり19名(95%)が合格しました。

現在は、10月初旬の「第1種電気工事士」筆記試験の勉強と並行して、7月下旬の「第2種電気工事士」技能試験に
向け、 練習を繰り返しています。

電気工事士試験には筆記と技能があり、筆記合格者のみが技能試験を受験することができます。筆記試験は何が
出るか分かりませんが、技能試験は「第2種電気工事士」の場合は13問、「第1種電気工事士」の場合は10問の
候補 問題が公開され、その中から1問が出題されます。

本学科は実習が多く、1年を通じて毎週、月曜日から木曜日まで毎日実習があり、6名の教員が交代で担当して
います。教員の内3名は実務経験者であり、2名は元工業高校電気科の教員です。また岡山県内で実施される
電気工事士技能 試験の判定員も2名います。

実習では候補問題を繰り返し練習します。技能試験の試験時間は非常に短く、時間内に完成させるには練習が
必要です。学生達は回路を作成すると、一人づつ担当教員の採点を受けます。そして、緊迫した雰囲気の中で
合否が告げられますが、大変楽しそうです。

電気工学科2年生の授業風景「CAD実習」

電気工学科の三井です。電気工学科の2年生には通年で「CAD実習」の授業があります。
CADとはコンピュータを使って製図をすることで、入社試験で「CADを勉強していますか」と質問されるほど、
必須の技術となっています。

CADでは複雑な図形でも簡単に描くことができます。特に、飛行機や車などのように、曲線の多い機器の
設計においては威力を発揮します。CADは面白く、学生は授業というよりも趣味のように熱中しています。

「CAD実習」は湯浅先生が担当しています。先生は、電気・電子・コンピュータに詳しく、その上、学生
思いで優しく、話が面白いため、学生から大変人気があります。湯浅先生は他に、「電気・電子実習」、
「コンピュータ実習」も担当しています。

電気工学科1年生-体育祭と資格対策

電気工学科2年生 電気・電子実習風景

新年度電気工学科1年生近況

電気工学科近況(1年生『第一級陸上特殊無線技士』75.0%合格)

電気工学科近況(2年生・『2級電気工事施工管理技士』取得率78.9%)

電気工学科近況(2年生・『第1種電気工事士』取得率89.5%)

電気工学科の三井です。「第1種電気工事士」の合格発表があり、次のような結果となりました。

1年次に技能試験に不合格となった学生が今回合格して、2年生の取得率は89.5%となりました。
また、1年生は1名が技能試験に不合格となりましたが、来年は筆記免除で技能試験のみの受験と
なりますので、是非、頑張って欲しいと思います。

現在1年生は、2月9日(日)実施の「第一級陸上特殊無線技士(一陸特)」を目指していますが、
1年次に目指す最後の国家試験になりますので、勉強にも熱が入っています。

また、就職活動の時期となって、1月の第3、第4金曜日には本校内で電気関係企業の説明会が開催
され、 学生達は真剣に聞き入っていました。「一陸特」終了後は就職活動が本格的に始まります。
入学以来、 資格取得に頑張ってきましたが、これからはそれを就職活動で役立てて欲しいと思います。

電気工学科1年近況(『工事担任者DD第1種』1科目以上合格75%)

電気工学科の三井です。12月中旬に「工事担任者DD第1種(DD1種)」の合格発表があり、結果は次のように
なりました。


「DD1種」は年に2回試験があり、科目合格の有効期限は3年間です。3年以内に3科目に合格すれば免許
取得となります。この資格を取得しますと、デジタル通信に関する無制限の規模の電話工事や監督の
職務を行うことができます。さらに、次のような特典もあります。

「DD1種」の上位資格に「電気通信主任技術者」があり、これには「伝送交換主任技術者」と「線路主任
技術者」の二つの資格があります。どちらも試験科目は4科目ですが、「DD1種」を取得すると「計算
中心の1科目」が免除となります。また、どちらかの主任技術者資格を取得しますと、残りの資格は2科目
免除となります。

また、「伝送交換主任技術者」を取得しますと、「第一級陸上無線技術士(一陸技)」の試験4科目のうち、
「計算中心の2科目」が免除となります。「一陸技」を取得後3年間の実務経験により、中学や高校の
「教員免許」が与えられます。また、国家公務員試験を受けずに通信関係の国家公務員(第2種)になる
こともできます。

以上のように「DD1種」取得により、可能性が大きく拡がりますが、電気工学科1年生にとって、「第1種
電気工事士」筆記試験終了から「DD1種」受験まで1か月半位しかありませんでした。しかもこの時期に
就職講演会、校内ボウリング大会、学園祭等の学校行事が目白押しであり、スーツで授業を受けることも
ありました。しかし、学生達は楽しみながら勉強に励み、良い結果を出すことができました。そして、
試験終了後はボウリングと焼肉で打ち上げをしました。

現在は、2月9日(日)実施の「第一級陸上特殊無線技士(一陸特)」を目指して勉強をしています。どの学生も、
「こんなに勉強をしたのは初めて」と言いながら励んでいます。難しくて分からない勉強は苦痛ですが、
よく分かる勉強は娯楽と変わりません。

なお、2年生も1年次に「DD1種」を受験して、その後も勉強を続け、今回は2名が免許取得となりました。
将来は電気・通信技術者として大成することを祈っております。

打ち上げ(焼肉屋)

電気工学科1年近況(「第1種電気工事士」筆記試験81%合格)

ボウリング大会

電気工学科の三井です。「第1種電気工事士」筆記試験の合格発表があり、電気工学科1年生は16名中13名が合格しました。そして、12月上旬の技能試験を目指し電気工事実習にも熱が入っています。

目下の目標は11月24日(日)実施の「工事担任者DD第1種」です。第1種電気工事士筆記試験終了からDD第1種受験まで1か月半位しかありませんが、合格を目指して学生達は真剣に頑張ってきました。

勉強だけでなく、学校行事にも積極的に参加しました。筆記試験が終了した翌週の10月11日(金)両備ボウルにて「校内ボウリング大会」が開催されました。学生達はゲームに没頭して盛り上がり、松村実君は個人で校内9位、大川優也君は22位に入賞しました。DD第1種試験が終了後、皆でボウリングへ行く計画も立てています。

学園祭

また、11月3日(日)学園祭が開催されました。非常に忙しい時期であるにも関わらず、学生達は積極的に取組みました。
準備に時間を掛けることはできませんでしたが、出来る限り綿密な計画を立てました。学園祭前日の土曜日は休みですが登校
して 準備を行い、学園祭当日を迎えました。

電気工学科では在校生がインストラクターとして、電気工事体験授業を行いました。日本語を学ぶたくさんの外国人の方に参加していただいて盛り上がりましたが、学生達は人に教えることの楽しさと難しさを味わったそうです。

また、焼き鳥屋の模擬店も出しました。あいにくの悪天候にも関わらず店の前には大勢の客が並び活気に溢れていました。
最後は残った焼き鳥を好きなだけ食べることもできて、大変楽しい一日となりました。そして、翌日から再びDD1種の勉強が始まりました。

ホーム > 電気通信工学科

検索
Feeds

Return to page top