ホーム > 映像音響学科 > 簡単な撮影技法①

簡単な撮影技法①

映像音響学科です。

今日は簡単に実践できる撮影技法のお話です。まずはこちらの写真。

5997b55ca02f43e5992980fc14545dcb_1674851246-1920x1080

女性が駅のプラットホームで振り返っている写真です。実はこの中には様々な撮影技法がいかされています。
この写真の女性は静止していますが、電車は走っています。これにより臨場感が生まれています。

また、被写体の女性を右に寄せて撮影しています。通常一人の被写体(ワンショットといいます)を撮影する場合、被写体を真ん中にして撮影します。ポイントは被写体の視線です。この女性は振り向いています。この場合、彼女の視線の先を大きく空けることにより、彼女の明るい未来が表現されるのです。

逆にこんな感じで前方を狭くし、後ろを大きくとると先行きがない印象になってしまいます。

media_1d5937cfea505a3e9c3f3e15535805d0dfb033d19

いかがでしょうか? だいぶ印象が違いませんか? 雑誌や写真集などを見ると、カメラマンの考えが随所に散りばめられています。 スマホでの撮影でも今回のカメラアングルは活用できるので、こんなところも意識して撮ってみてください。

画像元:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%A2%AB%E5%86%99%E4%BD%93

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Home > 映像音響学科 > 簡単な撮影技法①

検索
Feeds

Return to page top