ホーム > 電気通信工学科 > 「工事担任者第一級デジタル通信」の結果

「工事担任者第一級デジタル通信」の結果

電気通信工学科の三井です。

11月末に受験しました「工事担任者第一級デジタル通信」の結果は次のようになりました。

「工事担任者第一級デジタル通信」結果
学年 在籍数 今回受験 免許取得 科目合格 取得累計 取得率(%)
1科目 2科目
2年 21 2 2 2 4 7 33.3
1年 30 21 10 4 3 10 33.3

* 試験科目は3科目あり、3年以内に3科目に合格すると免許取得となります。
* 2年生は1年次にも受験をしています。

今回合格した1年生
IMG_5169

本学科は、1年次の前期に電気工事を学び、「第二種電気工事士」と「第一種電気工事士」を取得します。そして、後期には、有線通信と無線通信を学び、「工事担任者第一級デジタル通信」と「第一級陸上特殊無線技士」を取得します。

有線と無線の両方を学ぶのは、例えば、携帯電話で会話をするとき、電話器と基地局間は無線ですが、こちらの基地局と相手の基地局を結ぶのは有線です。このように、様々なところで両方の技術が使われているためです。

「工事担任者」は、電気通信回線と端末設備等を接続するために必要な資格です。通信回線と端末設備等を接続する工事を行い、あるいは監督する役割を担っています。「第一級デジタル通信」の授業は「第一種電気工事士」筆記試験終了後の10月から始め、国家試験は11月下旬に行われ、学習期間が非常に短かったのですが、学生達は短期決戦で、頑張りました。

電気と通信は現代文明を支えていますが、本学科ではそれらを学ぶことにより、就職活動を有利に進めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Home > 電気通信工学科 > 「工事担任者第一級デジタル通信」の結果

検索
Feeds

Return to page top