ホーム > 電気通信工学科 > 「工事担任者DD第1種」結果

「工事担任者DD第1種」結果

電気工学科の三井です。

「工事担任者DD第1種」は通信工事では最上位の資格です。試験科目は、①「電気通信技術の基礎」、②「端末設備の接続のための技術及び理論」、③「端末設備の接続に関する法規」の3科目。年に2回試験があって、3年以内に3科目に合格すると免許を取得できます。

10月1日(日)に「第一種電気工事士」筆記試験が終了するとすぐに、11月26日(日)の「工事担任者DD第1種」を目指して勉強を開始しました。準備期間が2か月弱しかありませんでしたが、学生たちはよく頑張り、次のような結果となりました。
2年生の科目合格者が受験しなかったことが残念です。科目合格となった1年生には在学中に免許を取得して欲しいと思います。

平成29年度第2回「工事担任者DD第1種」結果
学年 在籍数 受験数 1科目合格 2科目合格 免許取得 取得率(%)
2年 11 0 4 0 5 45.5
1年 23 22 3 7 4 17.4

免許取得した1年生
IMG_1

1年生は現在、2月11日(日)の「第一級陸上特殊無線技士」を目指していますが、「DD1種の勉強をしていた時はよく分からないことがあったが、今では分かるようになった」と学生同士で話をしていますので結果が楽しみです。

1年生のうちに強電から弱電まで幅広く専門性の高い国家資格を取得して、就職活動に備えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Home > 電気通信工学科 > 「工事担任者DD第1種」結果

検索
Feeds

Return to page top