ホーム > 情報システム学科 > 東京ゲームショウ

東京ゲームショウ

情報システム学科の伊藤です。
日曜日にふと思いついて東京ゲームショウに行ってきました。ゲームといっても、私が普段遊ぶのは自分で開発した改良型のマインスイーパ(Windows版, android版)くらいで、ゲーム業界とはほとんど無縁です。じゃあなんでわざわざ東京くんだりまで見に行ったかというと、たまにはこういうところでネットからは手に入らない生の情報に接して刺激を受けるのも、何かのプラスになるのではないかと思ったからです。
しかし、甘かった。入場前に土砂降りの中1時間以上待たされた上に、やっと入った会場内でもこの人ごみ。人ごみが苦手な私は、一時間程度で耐え切れなくなって脱出しました。
奥の方には専門学校や大学のブースがあり、学生の作品も展示されていました。ここは人が少なくて、ゆっくり見ることができました。かなりレベルが高いものもありました。
いろいろ聞いて回りましたが、ほとんどの作品がVisualC + DirectXというオーソドックスな手法で開発されていました。最近のUnityなどのようなハードルが低い技術の方が、学生は入りやすいと思うんですけどね。教える側の問題でしょうか。
今回のもう一つの目的は、最新のBoeing 787に乗ること。ボーイングの最新鋭機の1番機が、日本のそれも岡山航路に投入されたのですから、利用しないわけにはいきません。
何かつるんとした顔立ちですが、すごいのはその機体の素材です。従来のアルミ合金ではなく、カーボンとプラスチックでできているんです。搭乗口で触ってみましたが、確かに金属のひんやりとした感覚はありませんでした。コンコンと叩いてみたかったのですが逮捕されてもこまるので、優しくタッチするに留めましたけど。

コメント:1

1B-SS 12-09-26 (水) 17:19

今年の東京ゲームショウはスマートフォン向けのものも、かなり多くなっていたみたいですね。
JAVAだと簡単に環境も整えられますし、本格的な作品でなくてもちょっとしたアプリからでも手を付けられるので、練習にも良さそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Home > 情報システム学科 > 東京ゲームショウ

検索
Feeds

Return to page top