ホーム > 電気通信工学科 > 甲種第4類消防設備士へのファーストステップ

甲種第4類消防設備士へのファーストステップ

電気工学科の國府です。
6月21日(日曜)電気工学科2年生は、乙種第4類危険物取扱者試験を受験しました。

危険物取扱者試験

 
この資格は引火性液体(重油、軽油、ガソリン等)の取扱いに関するもので、ディーゼルエンジン発電機などを使用する工事現場で必要な資格です。新型コロナウイルスの影響で学習期間が計画の半分くらいとなりましたが、短期間に集中して内容の濃い授業を行いました。全員合格することを祈っています。

今回の受験は、8月に受験予定の乙種第4類消防設備士試験の前準備の意味があります。そして、最終的には来年2月に甲種第4類消防設備士を受験し、自動火災警報装置の電気工事ができる資格を取得することを目指します。

電気工学科では段階を踏んで難しい資格取得を目指します。全員が最終目標の甲種第4類消防設備士資格が取得できるよう全力で指導します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Home > 電気通信工学科 > 甲種第4類消防設備士へのファーストステップ

検索
Feeds

Return to page top