カギセンリョク × ソクセンリョク


 

入学のことば 

  木々の新緑と美しい草花がうららかな春の日差しに映える今日のよき日、岡山科学技術専門学校令和3年度新入生337名の皆さん、入学おめでとうございます。本来なら、多数の来賓の方々のご臨席を賜り、保護者の皆様と共に盛大な入学式を挙行できるはずでしたが、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、式典の開催は中止としました。入学式は人生における大きな節目であり、新入生の皆さん、保護者の皆様ともこの日を待ちわびておられたことと存じますが、皆様の健康と安全を第一に考え苦渋の決断をいたしました。何卒ご理解をお願いいたします。

  本校は昭和63年4月に開校し、平成を経て令和3年の現在まで、34年の長きにわたって地域の技術者育成に貢献してまいりました。「技術教育を通じての人間教育」の理念の下、社会の変化に対応できる知識と技術の修得を通して、社会人として、そして何より人間として求められる倫理観、責任感、忍耐力の醸成に努めることが、本校の使命だと考えております。新入生の皆さんはこれからカギセンで勉学に励まれることになりますが、卒業までには2年間しかありません。皆さん一人ひとり、なりたい自分の姿をイメージして主体的、積極的に行動してください。一日一日を大切にするとともに、同じ志を持つ多くの仲間たちと励まし合い、新たな夢や希望に向かってチャレンジし、人間性豊かで逞しく、確かな実力を身に付けた本物の技術者を目指してください。

  低炭素社会の実現から自動車の自動運転まで、現在の科学技術は数十年に一度ともいわれる大変革期にあります。一方で、それを支える技術者の不足や、新型コロナウイルス感染症の広がりに起因する景気動向の不透明感など、社会情勢は極めてむつかしい局面を迎えています。このような時こそ技術教育は強みを発揮します。新入生の皆さんが、文部科学大臣認定「職業実践専門課程」の本校で学ぶ誇りと自覚を持ち、技術者として、また社会人として大きく成長されますことを心から期待し、入学のことばといたします。

  入学、おめでとうございます。

令和3年4月12日
岡山科学技術専門学校
校長 大月秀之